豊かで歓びあふれる未来

人生が変わっていくプロセスを

ご一緒させていただくことは、

それはもう幸せなことです。

 

今日(2月10日)からいよいよ、

影響力のスイッチを入れるボディヴォイス」

 

第0期パートナー講師のための、

フォローアップ講座(実践編)

がはじまりました。

 

 

 

 

こんにちは!

 

エドウィン・コパード・ジャパン

板津淳です。

 

 

エドウィン・コパード・ジャパンで

提供している講座は、どれ1つ取っても

「受講がゴール」(目的)なものはありません。

 

講座はあくまで手段だからです。

 

たまに受講することが目的になっている

方が紛れ込むこともあります。

 

しかも、ご本人に

その自覚がない場合も少なからずある。

 

そんな場合でも、

丁寧に話し合いの場を設けるなどして

手間を惜しまず、ご本人の目的に沿った

選択ができるようにしています。

 

(方向性の異なる方の場合は、

 その限りではありません)

 

 

ふと、この目的を見失ったり、

手段と取り違えている状態のことを

思った時、過去の経験を思い出しました。

 

18年間俳優としてやり抜いた劇団が、

まさかの自己破産という結末に

至った2010年頃のこと。

 

遡ることさらにその数年前、

劇団の主宰者はすっかり勢いを

失くしているようでした。

 

その後明らかになったのは、

事実上、食いつなぐのが唯一の

目的に陥った組織の哀れな姿でした。

 

 

ここが肝要なのですが、

演劇というのは、演劇のために

あるものではありません。

 

手段のひとつにすぎません。

 

単なる自己探求では1回はお付き合いで

観にきてくれたとしても2度目はありません。

 

私たちは日々

なんらかの仕事をして生活していますが、

同じように、日々の業務は手段であり、

目的ではありません。

 

例えば、保険は

相互の豊かな未来のためにある(目的)

のであって、保険会社(手段)

のためにあるわけではありません。

 

この「目的=なんのために」から始める

思考・言動は、西暦720年に完成した

日本書紀にも明確に見てとれる、

日本的思考の特徴であり伝統です。

 

論理的思考が大好きな西洋の方々も、

この100年ほどの間にようやく

 

「Why?」「なんのために」

から始めることの重要性に

気づきはじめました。

 

そんな時代に、ぼくのいた組織は

「なんのために(目的)」を見失い、

その使命を終えました。

 

演劇のための演劇だったり、自らが

食いつなぐことがゴールであれば、

誰も応援しないし社会に必要とされませんし。

 

 

そんなぼくの過去の経験も、

エドウィン・コパード・ジャパンのDNA

に組み込まれているのだと思います。

 

エドウィン・コパード・ジャパンの

講座は、互いに豊かで歓びあふれる

未来がゴールです。

 

だから一貫して

「講座がゴール(目的)ではない」

 

と言い続けますし、その方の日常(人生)

が変わるための手段である

講座の完成度は高め続けます。

 

 

 

 

今日から始まったパートナー講師0期の

フォローアップ講座(実践編)。

 

ここでの鍵も、目的(なんのために)です。

 

豊かで歓びあふれる未来のために。

 

手段に溺れず、粛々と。

 

本当の望み(目的)を知って

豊かで喜びあふれる未来を手に入れる

https://goo.gl/zMHKaH

思考・テクニック に頼らない!あなたの繁栄と成長のスイッチを入れる「ボディヴォイス」の秘密無料メール講座

PCメール
携帯、キャリアメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事