世界に一つだけの花

こんにちは、賀集美和です。

 

グループ元型セッションをすると、
その日の参加者さんが取り組みたい課題が、
似た課題のように聞こえることがあります。

 

参加者さん同士、
「それわかる〜同じだわー」と

おっしゃることも多いのですが、

ところがドッコイ∑(゚Д゚)

 

それは、同じ花のようで、
根っこは全然違っているんです。

 

なぜそう断言できるのか?

 

私の場合は、
エドウィンとシェリルが教えてくれた、
元型のおかげでなんですね。

 

 

同じように聞こえる問題や課題も、
元型という角度、アプローチで捉えていくと、

 

その課題・問題の根っこで
起きていることは、
驚くほど違っていたりします。

 

その問題にどの元型が、
どのように関係しているのか。

 

どんな状態で、どんな感情なのか、

元型が何を伝えたくて、
何を必要としているかも、

 

何もかも違うんですね。

まさしく、千差万別。
十人十色。

 

遥か彼方からは同じに見えた白い花も、
近くに寄り添えば別の花。

 

たとえば、

一方は白梅、一方は大島桜。

まったく違う根っこをもつ個々の木々。

 

でも私たちは、

その根っこから遠く離れたとこで
起きている(ように見える)こと、

いわゆる現象だけ見て、

 

「○○が問題にちがいない」
「△△が原因だから、どうにかしないと」

 

と、早合点しアレコレと悩み、
右往左往してしまいがち。

 

そして、肝心な、
それぞれの根っこに必要な栄養や水や、
手助けは与えられないまま(T_T)

 

それどころか気付かれることさえないまま、
長い年月が過ぎ、根っこは苦しみ続け、、、。

 

でも、葉や花の表面だけを見て、
根っこを見ることがなければ、

 

私たちは的はずれな「問題解決」に

ときに酔いしれ、ときに翻弄され、
ときに空しさを味わい続けてしまうだけ。

 

それは本当にもったいなく、
悲しいと思うのです。

 

エドウィンとシェリルが
誘ってくれた元型の世界は、
それぞれの木の根っこで本当に起きている
愛おしい真実を、いつも見せてくれたから。

 

努力なく無邪気に根っこを見れるし、

その場で瞬時に、その根っこに必要な
お手当てができるから、

その木がすぐに生き返る瞬間を、
目の当たりにできるのです。

 

その木、本来の姿が
イキイキと表現される様子は、
なんとも言えない幸せと満足と安心です。

 

その人の人生が真の姿に大きく近づく。

 

そんな体験を重ねることで、
自分でも自分という木の本質を
知ることができるようになるし、
自信をもって自分の役目を生きて行ける。

 

そんな人達で溢れる世界、未来を
残したいのです。

 

そんな思いが、私、
エドウィンの弟子である
賀集美和のセッションやワークショップに、
込められています。

 

あなたのお役に立ちますように、、、。

読んで下さって、ありがとうございます。

 

エドウィン・コパード・ジャパン
賀集美和

思考・テクニック に頼らない!あなたの繁栄と成長のスイッチを入れる「ボディヴォイス」の秘密無料メール講座

PCメール
携帯、キャリアメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事