ECJ便り

2012年4月18日
【沖縄で初ワンデー開催】


 宮古島から、こんにちは。
 今、両親を伴い、初めて宮古島に来ています。

 鮮やかな花々や海の色、鳥たちの羽さえ、まるで絵の具パレット。
 改めて、自然が織りなす色のハーモニーの不思議さ、美しさに
 魅了された旅でした。

明日は、沖縄本島へ戻り、素材等にこだわりをもつ酵素玄米工房と「カフェもみの木」さんを訪問し、選びぬかれた素材と深い想いで創られたコースランチを頂いてきます。

その後は、世界にも認められる、100g 1万円の「琉球紅茶」を作り上げた沖縄ティーファクトリー 内田社長さんにお会いする予定です。その他、大切な友であり、お客様である素敵な女性たちともお会いしてきます。

そして、先週末は、とても美しい環境の中、エドウィンメソッド体験会と
初ワンデーワークショップ、そして個人セッションを終えることができました。

体験会は、無邪気な質が溢れているピノキオ保育所様にて。
ワンデーワークショップは、目の前が公園になっている素敵な部屋でした。

ワンデーのご参加者から頂いた嬉しい感想を、少しシェアさせて下さいね。

 「あの時間、美和さんが一瞬一瞬、浮かぶことを大事に大事にしてるのが伝わって、コントロールが何もなくって、その作業というか流れが、なんて丁寧で美しいんだろうって、私はそこにとってもじーんとしました。」

 このように感じていただけたこと、とても感謝しています。

 私自身、長い間、自分をがんじがらめにして生きてきました。
 無意識のコントロールは、今もまだ完全には消えていません。

だからこそ、みなさんと共に自分の内面へと旅する時、そんな無意識のコントロールに気づきます。
そして、そんな「場所」からは何もしたくないと思い改めるのです。

一切作ったり、無理したり、ごまかしたり、偽ったりすることなく、
ただただ、自分の中から自然に湧く流れにのって生きていきたいと。

話したり、仕事をしたりするだけでなく、息をするのも、食べるのも、
歩くのも、笑うのも、泣くのも、すべて、内から湧いてくる状態でありたいと。

なぜなら、その時自分が一番感じますから。
一切違和感がなく、気持ちいいって。心地良くて、すがすがしい。
何にも束縛されず、自由で、なぜかしら確信になるのです。

「これでいいんだ」って。
「自分でいいんだ」って。

そんな空間、そんなことが許しあえる場所を、
私自ら、仲間と共に意識していれば、自然と生まれる。
自らその姿を現す。そう考えています。

沖縄という土地の力、海の力、人の力に支えられ、こうして、私たちの活動に共鳴し、
応援して下さる方々の想いと応援に支えられ、沖縄での初ワンデーと体験会は生まれました。

皆さんに心から感謝いたします。
また、今年、もう1回沖縄に来るような気がしてしかたありません。

その時、あなたとお会いするのを楽しみにしています。

沖縄の方であれ、
本州の方であれ、
みんなでこの土地に集いたいですね。

感謝をこめて。

沖縄 ワンデーワークショップ終了後にパチリ(上)
沖縄 エドウィンメソッド体験会にて(下)




2012年3月25日
【初ワンデーワークショップ by 美和】


こんにちは。代表の美和です。
春の足音は鳴ったり、止んだり。なかなか本格的には到来してくれないようですね。

そんな中、エドウィンから引き継いだ【ワンデーワークショップ – 目覚めよ、歌え!】。
初めて開催となりました♪ 念願の地、名古屋で。

正直、力みが若干出てしまいました。でも、それがあったからこそ、4日後の東京では、完全に自分につながり続け、自分でい続けることができ、とても大きな学びができました。「ただいるだけで、いいんだ」「本当なんだ」と。

今晩、名古屋の皆さんと撮ったこの写真を観て、、、そこに溢れるみんなの笑顔に、改めて、「ああ、あれはあれでやっぱり良かったんだ。一番いいことだったんだ」と再認識し、名古屋の皆に深く深く感謝しました。

寝て、起きて、数日してみないとわからないこともありますね。

一緒に初ワンデーを創ってくださった名古屋の皆さんに、東京の皆さんに、どこかで応援し続けてくれる皆さんに感謝します。ありがとうございます。

名古屋ワンデーワークショップ(上)
東京ワンデーワークショップ(下)




2011年12月3日
【エドウィンによる最後のワンデーイベント】


エドウィンによる最後のワンデーイベントが、12月3~4日に開催されました。

拡大写真 ⇒ こちら

2007年9月24日、偶然にも弊社代表 賀集美和の誕生日に初開催してから、約4年2ヶ月。
その間、20回開催。合計535名の方にご参加いただきました。

沢山の出逢いに恵まれたことを改めて思い出します。真摯に生きる皆さんとの出逢い、
その方々の中に眠っていた美しい声、その人の表現である歌との出逢い、
それぞれが抱えて生きてきた物語との出逢い、私たちの活動を応援してくれる仲間たちとの出逢い。

そして、エドウィンも弊社スタッフの私達も、ワンデーイベント開催を通して、
新たな自分たちに出逢う進化成長の道のりでした。
改めて、皆さまの応援に心から感謝申し上げます。

最後のワンデーイベントは、大きな流れに守られるかのうようにスムーズで、
参加者のみなさんも、それぞれに深い体験と気づきを「身体」で得ていました。
良い体験をされたことは、グループ写真(上)が明らかに物語っていますね。すごく良い表情です。

ご参加下さった全ての方に、支えてくれたボランティアスタッフのみんなに深い感謝をこめて、、、。

2011年9月11日
【初クルーズイベント】


9月11日。弊社設立からちょうど4年と2日が経ったこの日は、奇しくも、東日本大地震からちょうど半年経った日でもありました。この日に、私どもは20名のお客様と共に、初クルーズイベントを行わせていただきました。

美しい夕日や富士山に恵まれる中、各自オリジナルソングが生まれました。
どの曲も、仲間と繋がることの楽しさや素晴らしさ、感謝が語られていて、やっぱり、これからは人の繋がりが何より大切になってくるんだなーと改めて思ったりしました。


(オリジナルソングを歌うタキシード姿のご参加者。途中から伴奏がつき、益々ジャズっぽい素敵な曲に、、、)。

もっとこんな風に、自然に、有機的に、音楽で人々が一つになる。
そして、人生を分かち合うことができる。それが私たちの願いです。

最後は、東北を思いながら「ふるさと」を歌いました。
なお、本イベントの収益金 24,582円を、東北復興援助のためプレマ基金様に寄付させていただくことができました。

ご参加下さいました皆様、企画や伴奏協力をして下さった広江俊介さん、心よりありがとうございました。

※クルーズの様子は、弊社代表 賀集のブログこちらもご覧下さい。

2011年4月11日
【チャリティーイベント終了】


3/26(土)および4/9(土)
『Sing for Japan – 東日本大震災 義援金チャリティ・ワークアウトの会』を開催いたしました。

愛する日本、人々のため、今ともに歌いましょう
Sing for Japan!
(大地震の翌日行われたワンデーセミナーにて歌われた「翼をください」 ⇒ ここから視聴できます

<ご参加者の声>


その後、とても身体と気持ちが軽くなり、胃痛で眠れない、ということがなくなりました。
「歌って踊る」というのが正しい人間のコミュニケーション方法だと常々感じつつも、実生活ではそのようなことはしていないので、先日のような声を通して他者のエネルギーを感じるワークや、全員で輪になって声を合わせることは、大変、気が充足した感じです。(場所もとても気持ちのよい空間でした。)
素晴らしい会に参加でき、とても良かったです。

<開催のご報告&感謝>


「Sing for Japan – 東日本大震災支援 チャリティ・ワークアウトの会」にて、3/26(土)には、58,000円の寄付が集まりました。弊社からの同額寄付と合わせ、116,000円を、日本赤十字社へ東北関東大震災義援金として寄付させていただきました。
また、4/9(土)には、13,000円の寄付をお預かりしました。信頼できる団体へ寄付する予定でおります(4/13現在) 寄付が完了し次第、また報告させていただきます。

参加者の皆さま、応援してくださったみなさん、心よりお礼申し上げます。


2011年4月5日
【震災ストレス解消法】

震災後の心的ストレスによる心身の不調を、エドウィンメソッドを活用して解消するワークをご紹介します。この動画(字幕付き)は、転送自由です。必要な方々に届き、役に立てば何より嬉しいです。

2011年4月1日
【チャリティイベントから思うこと】

3/26 東日本大震災支援として、「Sing for Japan – チャリティ・ワークアウトの会」を行いました。

この度の大地震という未曽有の経験に、多くの人が悲しみや不安、恐れを感じていることを痛感。
そこで、「声をだし、体を動かすことで心身を癒し、長期にわたるであろう復興のため、まず元気を取り戻せる場を用意したい」。そんな思いで開催しました。ご参加者の方々に、「元気になった」「心が軽くなった」と笑顔でおっしゃっていただけて本当に良かったです。

ご参加者の皆さんのご好意で、募金58,000円が集まりました。弊社からも同額を寄付させていただき、合計116,000円を東日本大震災義援金として、日本赤十字社へ寄付することが出来ました。感謝で一杯です。

小さな活動もまず行うこと、続けることが大事と痛感しています。
ついては、4/9にも第二回チャリティ・ワークアウトの会を行います(詳細 こちら)!是非お越し下さいませ。
エドウィンメソッド初心者の方も大歓迎です。

また、3/27には、弊社代表 賀集が、チャリティライブ「 – Song for Japan Charity Live - 」に出演させていただきました。前日に引き続き、音楽、歌の力を痛感しました。

その際の模様は、ブログと動画からどうぞ ⇒ こちら

「愛の河」

「雨が降やんだら」

「愛の応援歌」

2011年3月28日
【アントレ 2011年春号に掲載】

起業・独立を目指す方のための季刊誌「アントレ」に、弊社代表 賀集の取材記事が掲載されました。
「押したからこそ今がある – 40代の人生スイッチ」というテーマで、賀集がそれまでの仕事や生き方を捨てて、
エドウィンメソッド普及を選んだストーリーが紹介されています。
拡大写真はこちら

2011年3月16日
【エドウィン・コパードより、日本のみなさんへ】

東北地方太平洋沖地震の日、奇しくも日本にいたエドウィンより、大切な日本の皆さんへ心からのメッセージです。

2010年9月21日
【エドウィン最新メッセージ】

今年最後の来日イベントを控えたエドウィンからメッセージです。美しいピアノ演奏も聴けますよ。

2010年6月4日
【関西学院大学で講演】

去る5月26日に、当社代表 賀集美和が、関西学院大学のお招きで講演をしました。

講義の様子

受験勉強、左脳偏重の学習に慣れて、「答え」を待ってしまいがちな学生さんに、自分本来の発想力と
表現力を取り戻し、自ら答えを導けるようになって欲しいというご意向で、【エドウィンメソッド】に
白羽の矢が立ちました。アカデミアの世界からも認められたのは嬉しいですね。

本音トークなど、体当たりで学生さんに指導させて頂いたところ、想像以上に反応が良く安心しました(笑)
来年の講演もご依頼いただきました。ありがとうございます。

講演の様子は、賀集のブログで詳しくご覧下さい(動画もあります)。
⇒ こちら

総合政策学部 学部研究講演会
「自分本来の発想力と表現力を取り戻す – エドウィンメソッドによるボイスワークアウト」
拡大写真はこちら
関西学院大学HP

拡大写真はこちら
詳細ページ

2010年5月21日
【6日間セミナー in カナダ】

4/29 – 5/5まで、北大8大パワースポットと言われるカナダ、トフィーノにて、エドウィンの6日間セミナー
「Your Voice is the Messenger of Your Voice – あなたの声は魂のメッセンジャー」が開催されました。
セミナーの様子はまた、写真などでお知らせします。
今日は、そのセミナー中に、当社代表の賀集美和が約20分間ほどで作詞作曲し、
ほぼぶっつけ本番で唄った曲を、動画でご紹介します。
賀集は、楽譜も読めず、楽器も弾けません。そんな彼女にも、こんな風に歌が
作れるのですから、誰でもできる、、、と私たちは思っています。
自分でも知らなかった本心も、歌を通して知り、表現できるのは音楽のマジックですね。

2010年4月28日

4/25、大阪で4ヶ月振りのエドウィンメソッド体験会が開催されました。
前夜23時過ぎにお申込み下さった方々がいらっしゃったり、子育て勉強会のお仲間でご参加下さったり、
色んな方々が参加してくださいました。

体験会の様子

懇親会も盛り上がり、あっという間に2時間が過ぎていました。
「もっと頻繁に来て欲しいわぁ」と、関西弁でおっしゃっていただいたのは、感激でしたね。

懇親会の様子

2010年4月24日

名古屋で今年2回目のエドウィンメソッド体験会が開催されました。
2回とも、募集後まもなく満席御礼となりました。今回も大盛況。
「自分がこんなに自分を抑えてたってことに気づきました」「声を出すって大事ですね」
「本当に来て良かったです」などの嬉しいお声をいただきました。また、名古屋に行きます。
ありがとうございました。

懇親会の様子

2010年4月11日

エドウィンが帰国前に皆さんにメッセージを残してくれました!!

字幕が付いてますので、英語が分からない方でも大丈夫です。

是非、エドウィンの生のメッセージをお聞きくださいね

2008年9月3日
カナダ便り第3号 ? エドウィンの自宅スタジオ

エドウィン宅のスタジオでは、クライアントさんの指導、レコーディングなどを行われます。クライアントさんは、カナダだけでなく、アメリカやイギリス、ドイツなどからエドウィンの指導を求めて集まります。そう考えると、日本はエドウィンが来日しセミナーを開催してくれるので、日本にいながらにして指導が受けられるので幸運と言えますね。
※一番下のコメント欄に、カナダ便りや写真の感想をお寄せ下さいね♪

写真1 イギリスから指導を受けに来たジャッキーさん(左)とエドウィン(右)
壁に飾られている絵は、エドウィンの奥様の作品です

写真2 移動式録音ブースをセッティング中のエンジニア、バズさん
シンガーはこの中でヘッドセットをして唄います

写真3 オリジナルソングを練習中のティファニーさん(右)
友人の紹介でエドウィンのセミナーを受けたのが始まりとのこと

写真4 フレンドリーなエドウィンは、セミナー受講者の訪問を受けることもしばしば
ヴィクトリア留学中の中村さん(一番右)も友人紹介でセミナーを受講されました

2008年8月30日
カナダ便り第2号 - エドウィンが大事にしている家族との時間

世界を飛び回るエドウィンは、カナダにいる間はご家族との時間も非常に大切にしています。そんなエドウィンの一面を垣間見ることができる写真をご紹介します。
また、カナダ人がどんな風に夏を楽しんでいるかも感じていただけると思います。

●シドニーマーケット
シドニーという街のダウンタウンで行われた「マーケット」をご家族で楽しみました。
地元の人たちが、有機野菜やお花、などを販売したり、ミュージシャンが演奏していたり、屋台が出店していました。

写真1 フレッシュな野菜や果物の屋台がカナダらしい

写真2 オーガニックのブラックベリーを購入中の奥様。
エドウィン宅ではほぼ全てが有機食品

写真3 気に入った置物を見つけたエドウィン

写真4 とうとうお父さんの身長を越えてしまった次男ゼイン君

●フェアー - 巡回カーニバル
夏休み中、北米のあちこちで開催される「フェアー」と呼ばれる巡回野外カーニバル。今日は、エドウィンは奥様シェールさんと次男ゼイン君を連れて、エドウィン宅から車で10分の広大なフィールドで行われたフェアーに行ってきました。家族とリラックスした時間を楽しんでいましたよ。

写真5 野外展示、販売エリア - 仲良くエドウィンと奥様が歩いていました

写真6 ホームメイドクッキーやパイのコンテスト展示品を楽しむ奥様

写真7 乗り物に乗り過ぎてゼイン君は具合が悪くなってしまいました
よって、写真撮影は断念、、、

2008年8月29日
カナダ便り第1号 - エドウィン一家の紹介

写真1 エドウィン宅の周辺

写真2 自然体の奥様シェールさん

写真3 煮物を食べる長男ユリシス君

写真4 はにかむ次男ゼイン君

写真5 かなり真剣に食事中のエドウィン

写真6 召し上がっていただいた美和お手製の日本料理

写真7 エドウィンご一家@自宅テラス

思考・テクニック に頼らない!あなたの繁栄と成長のスイッチを入れる「ボディヴォイス」の秘密無料メール講座

PCメール
携帯、キャリアメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加